【2024年】家庭に眠る不要品をすべて売ったら1家族平均なんと70万円になる?!本当かどうか1年かけて検証してみる【隠れ資産】

今や多くの人が利用するオークションサイトやフリマアプリ。代表的なフリマアプリ「メルカリ」の月間利用者数は2,200万人以上、累計出品数は30億品を突破しています。

メルカリの販売額を元にニッセイ基礎研究所が2018年に調べたところ、1世帯あたりの「かくれ資産」はなんと約70万円とはじき出されたという朝日新聞デジタルの記事を読んで、自分も試してみようと思い立ちました。

1ヶ月経過ごとに売れた不要品のジャンルと金額をまとめて追記していきたいと思います。

販売にあたって

・「不要品」の定義は現在使っていないもの、「不用品」の定義は壊れて使えないもの(ジャンク品)、どちらも売ってみる

・使用するのはオークションサイト、フリマアプリ、リサイクルショップへの持ち込みなど複数利用する

・自分のものだけではなく、家族のものも含む

目次

1月の不要品販売額(2024年1月31日時点)

販売チャネルジャンル定価販売額利益
フリマサイト食品・サプリ20,00016,00013,650
1月成果

1月は1品しか売れませんでした。家族が結局食べなかった1ヶ月分約2万円の健康食品です。販売額からフリマサイトへの手数料と送料を引いた分が利益です。

他の商品が売れなかったのは定価からの値下げ幅が少ないからかもしれません。

2月から販売するものは思いきって値下げしようと思います。

2月の不要品販売額

2月末日更新予定

トータル販売額

¥13,650

1月:¥13,650

まだまだ70万円には程遠いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次