任天堂ゲーム機の歴史!初代ファミコンからNintendo Switchまで振り返る!

どうもミレログです!

任天堂のゲーム機ってどんな種類があるんだろうと思ったことはありませんか?

そこで今回は、任天堂のゲーム機の歴史を振り返っていきます。

それでは早速、見ていきましょう!

目次

1977年 『カラーテレビゲーム15』・『カラーテレビゲーム6』

発売日:1977年7月1日
定価:15000円/9800円(カラーテレビゲーム15/カラーテレビゲーム6)
売り上げ台数:🇯🇵約90万台(カラーテレビゲーム15)・🇯🇵約50万台(カラーテレビゲーム6)

任天堂初代ゲーム機は、ファミコンだと思いがちですが、それ以前から存在していました。

当時、花札で有名だった任天堂が発売した、初の家庭用ゲーム機が『カラーテレビゲーム15』になります。

15種類のゲームがスイッチひとつ押せば遊べるというスタンダードなゲームです。

当時のゲームは、内蔵されたものでしか遊べませんでした。そのため、スイッチによる切り替えによるバリエーションチェンジが可能になる点は画期的でした。

カラーテレビゲーム6は、カラーテレビゲーム15の廉価版であり、遊べるゲームを9つも省いての発売だった。価格は、定価:9800円

カラーテレビゲーム15は、定価:15000円。価格だけを見れば、5000円以上6の方がお得だが、15の方が人気だったそうだ。

1980年 『ゲーム&ウォッチ』

発売日:1980年4月28日
定価:5800円
売り上げ台数:🇯🇵1287万個/🌍4340万個

任天堂初の携帯ゲーム機である『ゲーム&ウォッチ』。

難易度が低めのGAME Aと高めのGAME Bの内どちらで遊ぶかを選択することが可能。

ゲームをしない場合は、時計として使うことできる、これが『ゲーム&ウォッチ』の由来だ。

1983年 『ファミリーコンピュータ』

発売日:1983年7月15日
定価:14800円
売り上げ台数:🇯🇵1935万台🌍6191万台

『ファミリーコンピュータ』、略称『ファミコン』。

日本中の子供達がカセットに息を吹きかけていたと言われている。

ここで、現在も大人気であるマリオシリーズが発売されることになり任天堂が飛躍していくことになる。

ちなみに世界一高いゲームソフトとしてファミコンのソフト「スーパーマリオブラザーズ3(海外版)」が海外のオークションで2020年11月に落札されている。(価格は驚愕の1600万円)

1989年 『ゲームボーイ』

発売日:1989年4月21日
定価:12500円(1993年:9800円に改定)
売り上げ台数:🇯🇵1242万台🌍4942万台

任天堂初の携帯ゲームである『ゲーム&ウォッチ』の続編である『ゲームボーイ』。

この世代からROM交換機能がついた携帯ゲーム機である。

ポケットモンスターシリーズの大ブームが起こった。

1990年 『スーパーファミコン』

発売日:1990年11月21日
定価:9800円
売り上げ台数:🇯🇵1717万台🌍4910万台

ファミリーコンピュータの後継である家庭用ゲーム機である『スーパーファミコン』。略称『SFC』。

最高売り上げソフトとして、🇯🇵スーパーマリオカート、🌍スーパーマリオワールドがある。

ここから任天堂と言えば、『ゲーム』と言う地位が確立されていく。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる